前へ
次へ

敷金礼金不要の不動産屋の賃貸もあります

アパートを借りるときに必要になってくるのが礼金と敷金です。
礼金と敷金は、入居者がアパートを退出するときにアパートを修繕しなければならないときに、入居者側が修繕費を払えないときに備えて、入居者側から徴収しています。
それで敷金につきましては、修繕する場所が無く現状維持で退出する場合は入居者に返還されます。
ただ入居者にはアパートを借りるときに不動産手数料だけでなく、礼金敷金を家賃の数ヶ月分払わされるのは大変な出費です。
それで引越ししたくてもできない人たちも居て、アパートの空室がなかなか埋まらないときもありました。
それで不動産屋の中には礼金敷金不要でアパートの賃貸をするところも出てきて、礼金敷金不要で入居できるアパートもあります。
ただ賃貸条件が礼金敷金不要の賃貸物件は築年数が古く、修繕が不十分な場合もあって、安いけど住むには不便な場合もあります。
それでも安く引っ越せるなら、ありがたいことで、不動産屋に礼金敷金なしの賃貸物件があるか聞いてみて利用をしてみるのもいいと思います。

Page Top